未分類

バズっていた記事「2年費やしてSteamでリリースしたゲームは初週で10本も売れなかった」を読んで他人事じゃないなと思った話

下記記事がバズっていたので、思った事

https://blog.bitchunk.net/development/konsairi_steamsale/

2年費やして、ボリューム10時間って個人製作ではなかなかの大作だと思います。私はまず無理なので、完成まで行けるだけ凄いなと。完成まで持っていけるのは間違いなく才能あると思うので、めげずに頑張って欲しいなと思います。

で、個人製作で数年掛かったゲームが全く売れないって普通に起きうるよねって事で他人事じゃないなと思ってます。記事内では、一般ユーザーに届かないって触れてありますが、まあ各種ゲーム開発者向けのイベントは開発者同士のコミュニティなので届きませんよねって。売り切りのゲームなので、購入に結びついていないという事は、PVが面白そうに見えないのが一要因かなと思いますが、面白そうなPV作るのにもスキルがいるので辛いよねって…。長編製作って憧れますが、個人製作はあまり向いてないよねと再認識しました。小規模なゲーム作りながら、場数と知名度と市場の嗅覚を上げていくのがおそらく精神的にも良いだろうなと…私も2Dアクション作りたいなーと思っているのですが、工数考えると2年以上かかりそうだったので現実を見るべきですね。

にしても、売れるゲームを作るのって大変だなと。まず需要のあるゲームを作るのが難しいなと思います。メトロヴァニア系などの既存ジャンルは無数にリリースされていて差別化難しいですし、全く新しい斬新なゲームって、プロモーションうてない個人では認知すらされずに終わりそう。スマートフォンアプリ向けのアクションゲームを現在開発してますが、需要あるゲームかと言われると微妙ですね。脱出ゲームやトランプなどのゲームだと、検索流入も狙えて安定して需要ありそうに思います。個人的なこだわりで可愛いキャラ出したいんですけど、スマートフォンアプリのカジュアルユーザー層のほとんどには刺さらないんじゃないかなって。可愛いキャラ出すならFanzaやDLSiteなどのアダルト向けがホントはいいんだろうなと思ってます。何がいいって、性癖という名のジャンルが細かく別れていて、需要に沿ったゲームが作りやすい事ですね。割と高めの値段でも売れるようなので、利益出すならFanzaやDLSiteなどのアダルト向けが個人的に良いのでわと勝手に思っています。ちなみに一般向けも出せますが、販売数に大きく差があるのでお勧めはしないです。エロって強いんだなと…改めて思いました。

Pocket