イラスト

色塗りの勉強中

塗り勉強のため本買いました

色塗り難しいですよね。そもそもどの色でどの明度と彩度塗るかみたいなのは初心者にはあまりピンとこないし、レイヤーの数とかもこれでいいんだっけって思ってしまいます。というわけで、塗り上達の本を買ってみました。

評判が良かったのと内容を本屋で確認して買ってみたわけですが非常に勉強になりました。良い点を挙げると、ブラシの設定からどの色でどのレイヤーに何のブラシで塗ったかまで全て詳細に作業手順が分かることです。イラスト本って解説の粒度がまちまちですがここまで詳しいものも珍しいのではないでしょうか。実際に使われているカラーセットや線画もダウンロードできるので、同じイラストで手順をなぞることもできます。至れり尽くせりですね。

RGB値も書かれてる

特に不満点はなく大満足な内容ですが、ペイントツールはクリスタを対象にしているので注意が必要です。私はPhotoshopで描いてましたが、これを機会にクリスタに乗り換えてみました。Photoshopと操作が比較的同じであったため乗り換えはそこまで大変じゃなかったです。ブラシ設定周りが楽で幸せになりました。

塗ってみた

模写したやつに塗ってみた
オリジナルに塗ってみた

本を参考に手持ちの線画で塗ってみました。まだ塗りが雑な箇所はありますが今までに比べて格段によくなりました。1枚目は模写したものに塗りました。元のイラストが良かったのと塗りの効果が相まってすごくイケてる。2枚目は自力だけで書いたやつなので線画があれですが塗りのおかげで少しは見れるようなっているんじゃないかと。

所感

10名の絵師さんの塗り作業が解説されている本ですが、同じ工程でも絵師さんによって手法が違うんだなと気づきが得られたのは収穫でした。影に乗算レイヤーを使う方もいれば焼き込みリニアを使う方もいたり、影の色も青を足したりなどなど。試行錯誤の結果が手法の違いとして出ているのが面白いなと思います。

Pocket